月別アーカイブ: 2011年7月

毎月1回の勉強会

フェリーチェでは毎月1回の勉強会をしています。
獣医さんは病気やケガを治してくれる人。トリマーはただシャンプーしてきれいにカットする人。ではなく、私たちが目指しているのは、獣医学の知識も兼ね備えたトリマーです!

飼い主さんが見落としがちな病気の症状や、治療法、原因なども私たちが正しい知識を持っていれば、早期発見、早期治療ができ、またリスクなども含めて第3者からの意見としてもアドバイスできるようになります。

私はシニアドッグケアアドバイザーの資格をとるにあたって、犬の解剖学や栄養学を勉強しました。知ってるつもりで知らなかったこともたくさんあったし、食事の大切さをあらためて感じました。

今回の勉強会はそれぞれが違うテーマを調べて発表しあいました。
うちのスタッフ、やるときはやるんです(笑)みんな一生懸命調べてきてくれました(^о^)
仕事が終わってから、夜遅くまで頑張ってくれてありがとう!

17

老犬介護 カイくん

シェルティのカイくんは10日くらいまえに前庭疾患で倒れてしまい、生死をさまよいましたが一命はとりとめました。しかし寝たきりで排泄困難の後遺症が残ってしまいました。
倒れてすぐにご依頼がありましたが、前庭疾患なら徐々に回復してくるので1週間様子をみて頂くことにしました。

1週間後にお伺いするとやはり少しずつ良くなっているようでしたが、まだ自力で立つことできず、排泄のコントロールもまだできていない様子でした。

圧迫排尿の仕方や脱水症状の危険性、マッサージの仕方などをお伝えしました。
飼い主様は大変勉強されていて、私が伺うまでにもあらゆる方法をされていたことにとても感心しました。

16

老犬介護 チャンプくん2

今日は楽しみにしていたチャンプくんのシャンプーです!

「最初は嫌がるよ~(笑)」とお母さんが言われていたので、ちょっと覚悟はしていましたが、お風呂場で2人っきりにさせて頂き、シャワーをかけると、ぜ~んぜん(笑)逆に力が抜けてとってもおりこうさんにシャンプーさせてくれました(^о^)

お風呂からあがってドライングをしていると、お母さんが「チャンプキレイになったな~、チャンプよかったな~、さっぱりしたな~」とすっごく喜んでくれるんです。

あんまりカットするところがないチャンプくんですが、足先の毛とお顔とシッポをちょこっとだけ整えて、仕上げに蝶ネクタイをしてあげました。

するとお母さんが「お父さん、見て見て!チャンプが男前になったよ!ほら、シッポも見て!あんよも見て!耳もこんなにキレイ!いいようになったな~(^о^)」と感激してくれてるのを見て、またまた私の胸はいっぱいになりました。

気づいたら前回来た時には私に「ワンワン」とずっと吠えていたのに、今日は全く吠えていませんでした。

チャンプくん、もう私を受け入れてくれたってことかな?

15

老犬介護 チャンプくん

テリア系MIXのチャンプくんは16歳。私がお家にお伺いしたら、「ワンワン!」と吠えるので、まだまだ頭はしっかりしています!トイレも自分でお外に行けますし、段差もヒョイヒョイと歩いているので、足腰もまだまだしっかりしています。

今回の依頼は飼い主様がご高齢ということで車がないことと、チャンプくんは病院に行くと体調を崩すそうなので連れていけないとのことで、とりあえずみてほしいとのことでした。
見る限りでは元気そうですが、お腹が腫れているのが気になりました。これは以前から肝臓が悪くて、手術はせずに、薬も今はやめているそうなのです。

とりあえず、今の食事の現状をお聞きしましたら、肝臓にはよくない食事でしたので、肝臓の療法食と肝臓に負担がかからない食材をリストアップしてお渡ししました。

それから爪切りとお耳の掃除もしてさしあげました。

私がケアしていると「チャンプよかったな~、チャンプよかったな~、気持ちいいな~、先生来てくれてくれてよかったな~」とずっと言ってくれているんです。
私はこんなに歓迎されたことと、チャンプくんはとても愛されていることに感動して涙がでてきました。

私はチャンプくんと飼い主様ができるだけ長く、元気で楽しく一緒にいれるように、力を尽くしたいと思いました。
来週はシャンプーをさせて頂きます♪

19

山陽放送ラジオ番組出演

先日老犬介護の話しで、 山陽放送ラジオの「おかやま朝まるステーション1494昼またぎ」という番組にでました。
過去にラジオ番組には何度も出演したことはありましたが、生電話か録音でした。スタジオは今回初!!めっちゃドキドキして行きましたがたが、入ったらなんか全然ラフな感じ♪
パーソナリティは石田好伸さん。「ラジオから聞こえる声が、こうやって届いているんだな~」とすごくジロジロと見てしまいました(笑)
アナウンサーはやっぱりプロですね。私はこんな1回でドキドキしているのに、さらっとやりこなしています。カッコイイ!!また石田さんはイメージ通りの優しい方で、品があって、素敵な方でした♪
私はミーハーなので「記念に写真お願いします!」と言ったら、快く撮ってくださいました!

21

老犬介護 コウちゃん

15歳のシュナウザー、コウちゃんは足腰もまだしっかりしていて、まだ自分でトイレも行けますし、元気いっぱいです。今回の依頼は、コウちゃんのリラクゼーションとお家でのケアの仕方を教えてほしいとのことでしてた。
コウちゃんは最初私を少し警戒していましたが、お母さんが私とコウちゃんを2人っきりにしてくださり、いっぱいお話しながらケアができたので1時間後には私の側でくつろいでくれたりして仲良くなれました♪

コウちゃんのケアは全身ハーブで温パックした後に、リンパマッサージをして、後ろ足の筋肉を鍛える運動をしました。これはお家の方もできる運動なので、続けて頂くようにお願いしました。

20

tinaちゃん♪

こんにちは。
家のティナちゃんは現在16歳6ヶ月!

SAMSUNG

若い頃から皮膚がとても弱くトラブルが絶えず、ここ2年で心臓もどんどん弱ってき、呼吸も本当に辛そうな日がありますが、今はなんとか体調も安定しています^^

歩くこともつらそうでぐったりして寝込む日もあれば・・・
次の日には、台所のちくわを盗み食い!!
慌てて取り上げようとすると意地悪な顔してすごい力!!笑
可愛すぎる。。。笑
(ちくわが昔から大好物、、いけないんですけどね。。)

元気の秘訣はとにかく食べること!!
朝、昼、晩、晩。
少ないと吠え続けます。笑
最近、水は、デットクス効果(利尿作用・解毒)のあるハーブティブレンドを飲ませてます。
あと酵素不足な体内のために生肉食を始めてみました!(馬肉)
この子の生命力に感動・感謝を日々しております★
幸せな老犬LIFEをしようねtinaちゃん♪

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら9月6日(火)、7日(水)、8日(木)の3日間トリミングはお休みさせて頂きます。
ペットホテルは営業しております。
大変ご迷惑おかけ致しますが、よろしくお願いいたします。

ワンちゃんの車椅子

今日は倉敷でワンちゃんの車椅子を作られているところへ行ってきました。

ワンちゃん用の車椅子って存在は知っていましたが、「アメリカ製のもので高額なものしかない」って思っていました。

 

ところが先日友人のブログで、「倉敷で愛犬の車椅子を作ってもらった」とあったので、私はすぐにネットで検索して見つけました。さっそくアポをとり、ご自宅で製作されてるということなのでお伺いしました。驚いたことに私の自宅から3分くらいのところだったんです!

1

ご主人と一緒に愛犬サクラちゃん(ロングダックス 10歳)もお出迎えしてくださりました。サクラちゃんは見るからに元気いっぱいで車椅子が必要な感じには思えないし、「なぜワンちゃん用の車椅子を作ろうと思われたんですか?」って聞いたら、サクラちゃんは過去に椎間板ヘルニアを患ったそうです。その時にいろいろ調べて見よう見まねでサクラちゃんのために作ったのがきっかけとのこと。今はサクラちゃんはヘルニアは治っていました。

 

お話を聞いてたら、とにかく金額もアフターフォローも「ちょっとやりすぎでは?」って思うくらい良心的なんです(^о^)「営利目的ではなく、飼い主さまのためでなく、ワンちゃんのためなんです。」っておっしゃっていました。

 

岡山県内でしたら、採寸に行ってくださるそうです。ワンちゃんそれぞれ体型も違うので微調整も本当に細かくしてくださいますし、装着感や使い勝手なども日々改善されているそうです。

 

資料は当店でもありますので、倉敷まで行けない方は私どもにお声をかけてくださいね。

こちらがそのサイトです→ http://www.geocities.jp/sakurachan825/index.html

 

 

山陽新聞(7/7朝刊)に取り上げられました!!

2

『老犬介護』の取材を受け、山陽新聞に掲載されました。結構目立つ場所で、大きさも13cm×19cmと思っていたより大きく取り上げられ、私自身もビックリしました!
朝から友達やお客様から「見たよ!」のメールやお電話を頂いたり、中学の恩師までもが「感動した。嬉しい。」とメッセージを頂きました。
新聞の影響力のすごさを改めて感じました。
これからがスタートです!ワンちゃんや飼い主様のためにもっともっと頑張りますのでよろしくお願いします(^о^)