月別アーカイブ: 2016年4月

☆☆新入社員歓迎会☆☆

フェリーチェに新しい仲間が増えました!!みんな素直で可愛くていい子ばかり(o^^o)

みんなで飲んでいたら、他のお客さんに専門学生に間違えられました(笑)そんな若々しく元気な私たちをよろしくお願いします!!

新入社員  笹野(左) 貝原(右)

新入社員 笹野(左) 貝原(右)

看板娘の植野(左)  専門学生の岡(右)

看板娘の植野(左) 専門学生の岡(右)

笑顔が素敵な福川(左)        愛されキャラの木山副店長(右)

笑顔が素敵な福川(左)
愛されキャラの木山副店長(右) 

image

1461745470168

 

 

 

 

 

 

シニア犬のトリミング

最近はシニア犬のトリミングをすることがとても多くなりました。若いうちからフェリーチェに来て頂いているワンちゃんなら、その子の苦手なことや過去の病歴などもわかりますし、何よりも信頼関係が構築できています。

最近は「他店で高齢のため断られた」「高齢なのに長時間のトリミングはかわいそう」と言う理由でフェリーチェに来られるお客様も増えました。ワンちゃんのことを考えたら、10年以上通っていたサロンから環境が変わるのはとてもストレスだと思います。まずは今行っているサロンに「老犬になっても最期までみてくれますか?」と確認しておくことをお勧めします。

シニア犬は目が見えなくなったり耳が聞こえなくなると、若いときはなんともなかったのに触られるのが嫌になったり、シニア犬独特の危険な動きをします。またほとんどのシニア犬が心臓が悪いため、いつどうなるかわからない危険がたくさんあります。

フェリーチェでは専門知識を持ったシニアドッグケアアドバイザー(老犬介護士)やシニア犬トリミングの経験豊富なトリマーがいますので寝たきりでも最期までトリミングさせて頂きます。

DSC01425

スキンケアセミナーに行ってきました

先日、名古屋に2日間スキンケアセミナーに行ってきました(^-^)

スキンケアとはワンちゃんの基本的な皮膚の構造から皮膚病のことを学び、その症例に合わせたシャンプー療法・お手入れ方法などを勉強しました。

講師は皮膚科専門の獣医師で普段聞くこともできないような内容まで直接ご指導頂き、本当に勉強になり刺激をもらいました!

feliceに来てくれているワンちゃんには皮膚病の子がたくさんいます。悩まれている飼い主様もたくさんいらっしゃいます。そのようなお客様のために今まで以上に自信を持って、的確なアドバイスをしていきたいと改めて思いました。

そして、そのためには飼い主様のご協力も必要なのだとご指導いただきました。

今回のセミナーで学んだことを活かし、feliceでは新しく皮膚病改善への取り組みを考えています!飲み薬にはできるだけ頼らず、シャンプー療法で改善をしていく方法です。

シャンプー療法は地道な改善方法になりますが、ワンちゃんの体調を考えると一番だと思いますし、飼い主様のご協力があってこそ成り立つものです。

また、決まり次第皆様にお伝えしていこうと思いますので、よろしくお願いいたします(^-^)

東京2日間セミナー

先日、竹本と木山は東京で行われたセミナーに行ってきました!
こういったセミナーは定期的に行っているのですが、地方のサロンとは一味違い、名古屋や東京といった場所でのセミナーはとても刺激的でまだ地方では主流になっていない考え方、アイディアも聞けてとても参考になります。
セミナーに行くと改めて「お店によってワンちゃんに対する考え方や方針が違うんだな~」と感じます。
年々ワンちゃんの飼育頭数が減っていく中、トリミングサロンはどんどん増えていく・・・こんな中でどうフェリーチェが生き残っていくか・・・何をすればお客様に満足や幸せを与えていけるのか考えさせられました。

フェリーチェのお客様は本当に素敵なお客様ばかりです。お客様やワンちゃんを笑顔にしたい!という気持ちがさらに深まりました。良いことはどんどん取り入れ、これからもっとお客様やワンちゃんを笑顔にできるよう頑張ります!!

IMG_20160415_1

ボランティアトリミング

先日竹本と木山はとある保護施設のボラトリに行ってきました。廃墟になった施設を貸し切り、県内外の獣医さんやボランティアさんなどが集まって犬猫300頭を一斉に避妊手術をしました。300頭のうち150頭が犬で、ほとんどが短毛犬種でしたが何頭かはコッカーやテリアなどの長毛犬種がいたので、私たちは麻酔がかかっているその子たちの毛玉取りをしました。中には兄弟からいじめられてご飯を食べれずにガリガリに痩せて、顏も傷だらけで目を覆いたくなるような酷い状態の子もいて、この子たちが生きているのが不思議でした。
この子たちがいる環境はとても不衛生で、本当に衝撃の連続でした。ボランティアのリーダーさんがその施設のオーナーと話をしてくれたらしいのですが、後日行ってみると水もエサも十分に与えられていませんでした。
今回のボランティアを通じて現実を目の当たりにすることができ、ボランティアさんからたくさんお話を聞かせて頂いて、とても貴重な経験ができました。

私たちがこれ以上できることってあるのでしょうか?本当にいろいろ考えさせられました。

順番待ちのワンコたち。人間不信な子もいれば、シッポを振ってくれる子もいます。

順番待ちのワンコたち。人間不信な子もいれば、シッポを振ってくれる子もいます。

テーブルを6台並べて、効率よく手術をしている様子。

テーブルを6台並べて、効率よく手術をしている様子。

バリカンで毛玉を取っています。

バリカンで毛玉を取っています。

手術が終わって麻酔から覚めるのを待っています。

手術が終わって麻酔から覚めるのを待っています。